« 深い意味はありませんが | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト »

2005年12月 2日 (金)

MathPhiliaその後

MathPhiliaでのビット演算のコツについて、作者の陰郎さんからコメント頂きました。

陰郎の場合、16進数1文字を見た瞬間に2のべき乗の和を思い浮かべるようにしてます。5 -> 4, 1 とか。2進数の0,1の羅列をイメージするのと同じですね。

私は、7→0111,C→1100、とかいう風にイメージしていたのですが、そうでなくて7→4+2+1,C→8+4、とかいう風にされるとのこと。試しにまた帰りの電車で試してみましたが、確かにこの方が簡単で、効果は抜群です^^。論理積で、300秒で、昨日は30問だったところを97問まで解けました\(^0^)/慣れてくれば、もっといけそうな感じです。

まさか16進数の論理積が暗算でできるとは思いませんでしたが、できだしてみるとかなり快感です。だまされたと思って、ぜひお試しあれ。

|

« 深い意味はありませんが | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140067/7423063

この記事へのトラックバック一覧です: MathPhiliaその後:

« 深い意味はありませんが | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト »