« コースレコード情報(2) | トップページ | コースレコード情報(4) »

2007年2月27日 (火)

コースレコード情報(3)

MONさんからコースレコードの情報を頂いたので、更新しました。

コース名 ラップ ドライバー 車種 タイム プレーヤー種 申告者
MA-CY's 1 NAS TypeN 18 Com MA-CY
3 INM TypeL 61 Man いなあもさん
Arrow 1 mac TypeN 14 Man MA-CY
3 Alan TypeN 51 Com 大野さん
Mugello 1 Deep TypeH 12 Com 大野さん
3 Alan
MON
TypeN
TypeL
53 Com
Man
大野さん
MONさん
Snake-way 1 Alan TypeN 14 Com MONさん
3 P1 TypeL 50 Man 大野さん
Stop&Go 1 mac TypeN 15 Man MA-CY
3 Deep TypeH 52 Com いなあもさん
Suzuka 1 Deep TypeH 8 Com MA-CY
3 Deep TypeH 33 Com MA-CY

みなさん、TypeLを愛用のご様子。パワー的に不利なマシンをテクニックでカバーする走りが男心(女心)をくすぐるのでしょうか?ちなみに私は「テクニックよりパワー」のTypeHを最近愛用しています^^;

あと、MONさんがタイ記録の報告を頂きましたが、是非みなさんも、タイ記録でも報告してきてくださいませ。おそらくどこかの時点で、記録は頭打ちになるでしょうから。

ところで、同じくMONさんから、「PowerRUNとの相性が悪い」とのご報告を頂きました。試してみたところ、見事にエラー^^;。「メモリーカードからの読み取りに失敗しました。Can't launch application/palm/Programs/PowerRUN/RaceSugoroku/ Error code=0x2A0C」とのこと。

実はRacing双六、Ver2.xからコースデータとComプレーヤーのプログラムデータをpdbファイル化しています。で、このpdbファイルの存在やバージョンをRacing双六を立ち上げたときにチェック、必要に応じて更新する処理を組み込んでいます。おそらくこの部分がPowerRUNの動作とバッティングしてるのでは、と推察。

ちょっと今は時間がないので、後でまた調べてみます。ご迷惑おかけしますm(_ _)m

|

« コースレコード情報(2) | トップページ | コースレコード情報(4) »

コメント

はじめまして、Rominaと申します。
最近、Treo650を入手して環境構築も終わり、やっと遊ぶ事ができました。
結果、なぜか1回目にしてタイのコースレコードが出てしまいましたので、書き込みさせて頂きます。すみません(^^);。

コース名:MA-CY ラップ:3 ドライバー:RMN 車種:TypeN タイム:61 プレイヤー種:Man

投稿: Romina | 2007年2月27日 (火) 12時46分

エラーとは関係ありませんが、OreCa対応ゲームをPowerRUNでカードに逃すと、オレ金を立ち上げたときにOreCaデータが読めなくなると思います。
一応、情報まで。

投稿: いなあも | 2007年2月27日 (火) 12時53分

>Rominaさん
はじめまして、コメントありがとうございます^^
Treo650を入手されたとの事で、おめでとうございます。メモリが少ないのを除けば、非常に良い機種ですよね。是非ROMクッキングにもチャレンジしてみてください(もしかして既に実施されてますか?)

>いなあもさん
情報ありがとうございます。ちなみに私もPowerRUN愛用者ですが、Racing双六をOreca対応させたと同時に、Oreca対応アプリを全部メインメモリに戻しました^^

投稿: MA-CY | 2007年2月28日 (水) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140067/14065729

この記事へのトラックバック一覧です: コースレコード情報(3):

« コースレコード情報(2) | トップページ | コースレコード情報(4) »