« PalmwareMasters更新(6/22) | トップページ | プチ物欲その1 »

2007年6月22日 (金)

PalmerがEM・ONEに感じる違和感

EM・ONEを入手しておよそ2週間が経ちました。Windows Mobileにも少しずつ慣れてきていますが、忘れない(完全になれてしまう)前に、Palmユーザである私が感じたEM・ONEの操作上の違和感について少し書いてみようかと思います。

※これはあくまで慣れの問題であって、どちらがいいということではないです

※EM・ONEに固有の特徴なのか、WM機に共通の特徴なのかは、EM・ONEしかさわったことのない私にはわかりません(^^ゞ

※アプリの追加を含め、ほとんど使いこなせてないことによる問題も含まれていると思いますが、ご容赦を^_^;

■ホームキー、ホーム(ランチャー)画面がない
これが一番大きいかなあ。Palmだと、アプリを立ち上げたいときはホームキーを押してホーム画面から、みたいなところがあるのですが、EM・ONEだとはウィンドウズキーを押して、プログラムをタップして、一覧からプログラムを選んで、という風に、一手間多くかかる感じがします。Todayを使いこなせば解消するのかもしれません。

■ホーム画面がない
上と関連するのですが、Palmだとホームキーを押せばアプリを終了してホーム画面に「戻る」感覚があるのですが、EM・ONEだとXボタンを押しても前のアプリが表示されるだけで、Today画面に戻るには何回もXボタンを押す必要があります。これも、どこかのボタンにTodayを割り付ければ解消するのかな、とも思いますが。

■メニューボタンがない
Palmだと、何かやりたいときはメニューボタンを押して、表示されるメニューから必要なアクションを選択する、というところがありますが、EM・ONEだと画面下部のメニューバーに「メニュー」とか表示されている部分をタップする必要があります。なおかつ、この表示が左右にあり、目的の機能を呼ぶには左右のどちらをタップすればいいのかわかりづらく、表示される項目もアプリごとに統一感がありません。

■ヘルプキーがない
同じく、Palmだとどの画面からでもヘルプキーを押すとヘルプが表示されるのですが、EM・ONE(WM機)だと、メニューバーから階層をたどって呼ぶ必要があり、なおかつ、ヘルプが用意されていないことも多々あります。

■Xを押してもアプリが終了する訳ではない
別に意識する必要はないのかもしれませんが、シングルタスクのPalmに慣れた身としては、Xを押してもアプリが終了せずに裏に隠れるだけ、というのには違和感を感じます。しかもバックグラウンドに回ったアプリ一覧をみるのも結構手間。PC版Winのように、「_」ボタンでバックグラウンド、「X」ボタンでアプリ終了、という風にすればいいのに、と思うのですが。

■画面上部のタイトルバー、下部のメニューバーがじゃま
でかでかと場所を取っている割には大した情報を表示しているわけでもなく、はっきり言ってじゃまです。もっとも、もともとWM機は縦持ちを前提に作られているというのを聞いたことがありますが、なるほど縦に持ってみるとそれほど違和感はないですかね。

■DAみたいなのはあるの?
PalmだとDAというのがあって、メモ帳を身ながらちっちゃな電卓を表示させて計算してまた隠す、みたいなことが出来てかなり重宝するのですが、WM機にはあるのでしょうか?

■ハードキーがない
これはEM・ONE特有の話ですが、ビュースタイルの時にハードボタンがなく、必ず画面タップが必要です。できの悪いスタイラスと相まってちょっと使いにくいです。この辺は、キーボードでの機能を拡張するアプリがあるようなので、また試してみたいと思います。

とりあえずざっとこんなところでしょうか。とはいえ、私の場合はEM・ONEを通信専用機と位置づけて使ってますので、それほど大きな不満にはなってません。ちっちゃなパソコン、と考えるとこれはこれで許せる範囲かなあ、と思います。あと、Palmでもそうですが、追加アプリを入れていくとずいぶん使い勝手は変わるので、少しずつ試していってみようかなあ、と思います(なかなか時間が取れないのですが^^;)

|

« PalmwareMasters更新(6/22) | トップページ | プチ物欲その1 »

コメント

僕はEMONEではなくzero3シリーズを使ってますが、同じような点で不満ですね~。
僕の場合、結局Palmも持つという結論になってしまいましたね。
初代zero3だとTodayいじってたら重くなっていやになりましたしね。
Homeの変わりはYtaskMgrで代用して、タスクの終了もYTaskでやるようになりましたね。
TodayへはWinボタン2回押しでいけますが、EMONEにはなさそうですよね。

投稿: strider | 2007年6月22日 (金) 18時08分

首を縦にブンブン振りながら読みました(笑)。

WM機はマルチタスクだから(?)ホームがなかったり
DA的なアプリがなかったりするのかもしれませんが
モバイル機にマルチタスクなんていらないよなぁと思ってしまいます。
Palmを使ってればなおさら。
実際にWM機を使うと、さらになおさら(笑)。

それでも、「通信」という部分だけでWM機使ってるんです。
つくづく日本でTreoが通信できないのがもどかしいですねぇ。

投稿: nebbish | 2007年6月22日 (金) 23時28分

>striderさん
EM・ONEの場合、ハードボタンを無くしているので、余計に違和感を感じるのかなあ、と思います。PalmのPIMに慣れてしまった身としては、striderさんと同じくPalmとの2台体制が定位置になりそうです。

>nebbishさん
EM・ONEを持ってみて、あらためて普通に日本語が使えて、普通に通信が出来ることのありがたさを痛感します。ガンドルフあたりに頑張ってほしいところです!(デザインが不評ですが^^;)

投稿: MA-CY | 2007年6月24日 (日) 12時08分

EM・ONEにはホームキーとホーム画面はあると思いますが。

投稿: hm | 2007年6月24日 (日) 14時14分

>hmさん
確かにあります。と言うわけでPalmerな私はこのホームキーとホームボタンを愛用しています^^;
あらためて読み返してみると、私のエントリもちょっと表現がおかしいですね。Palmのホーム画面というのは、ちょうど携帯のトップ画面と同じく、最初に表示される、「顔」としての画面になります。WM機の場合は、これがTodayだと思うのですが、WM機のTodayとPalmのホーム画面はだいぶ考え方が違うなあ、と言うところでちょっととまどった、と言うことが言いたかったのですが。。。どっちにしてもわかりにくいですね^^;

投稿: MA-CY | 2007年6月24日 (日) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140067/15516912

この記事へのトラックバック一覧です: PalmerがEM・ONEに感じる違和感:

« PalmwareMasters更新(6/22) | トップページ | プチ物欲その1 »