« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

Palmで広辞苑(完成!)

前回のエントリーで、nowarlさんから「Perlを使えば1行テキスト形式に変換できる」というコメントを頂きました。ところが、私はPerlなるものをさっぱり知りません^^;

というわけで、まずはPerlの調査を。ふむふむ、こちらによると、どうやらCGIを書く代表的な言語のようです(ちなみに私は、CGIが何かもよく知りません^^;)。で、こちらによると、従来はソース形式でしかPerlは配布されてなかったけど、Windows環境ならAcrivePerlとやらをインストールすればよいとのこと。

で、早速配布元のActiveStateへ。ダウンロード出来るのは ActivePerl 5.10.0.1002 と 5.8.8.822 の2つがあるようですが、古い方が安定しているかな、ということで5.8.8.822の方のインストーラ(MSIと書かれているリンク)をクリック。14.9MBのファイルがダウンロードされてきました。で、これを実行すれば、あっさりActivePerlがインストールされました。

ちなみにnowarlさんに教えて頂いた、1行テキスト形式への変換を解説して頂いている幾霜さんのサイトでは、ActivePerl (build522)の他に、JPerlとやらが必要と書いてあるのですが、こちらによると「Jcode.pm が内包され、日本語の処理方法が変わっています」とありますので、このまま日本語が使えるんじゃないか、と言う憶測でそのまま次へ^^

で、次は幾霜さんの書かれているとおりの手順を進めます。(以下、ほとんど丸写し)

  1. まずkojien4.lzh内のhenkan.txt以外のファイルと出力ファイル(kojien.txt)を同じディレクトリ(フォルダ)に置き、それ ら以外のファイルは置かないようにします。
  2. そしてkojien.batを実行します。
  3. すると色々ファイルができますが最終的にkjdic.txtというファイルができます。このうち必要なのはkjdic.txtのみなのでそれ以外は削除して構いません。

ところが、なぜか出来たkjdic.txtのサイズは0kb。どうもうまく動いていないようです。で、kojien.batの中身を見てみると、、、こんな感じのスクリプトが並んでいます。

jperl chusyutu1.pl <kojien.txt >kjtemp.txt

なるほど、これではJPerlを動かそうとしているのでうまく行かないはずです。で、このバッチファイル内の「jperl」という部分を「perl」と言う風に書き換えて、再び実行。すると、見事バッチファイルが進んで行き、ファイルが出来ていきます^^

で、最後に出来たkjdic.txtを見てみると、、、、

あ /// / ◎(1)母音の一。口を広く開き、舌を低く下げ、その先端を下歯の歯ぐきに触れる程度の位置におき、声帯を振動させて発する。〔a〕 \ (2)平仮名「あ」は「安」の草体。片仮名「ア」は「阿」の偏(へん)の略体。

おおお、見事1行テキスト形式に変換されています!

ちなみに幾霜さんのこのPerlスクリプトを使って変換すれば、WDICで辞書を検索するときに、読みだけでなく、漢字でも検索できるという優れものだそうです。ありがたや。

で、こちらの手順に従って、次にこれをPDIC形式の辞書データに変換します。(以下転載&一部修正)

  1.  PDIC for Windowsを起動します。
  2.  〔Tools〕〔辞書の変換〕とたどります。
  3.  〔転送元辞書〕の〔ファイル形式〕は〔一行テキスト形式〕をチェック。上記で作成したPDIC一行テキスト形式の辞書ファイルを指定します
     〔転送先辞書〕の〔ファイル形式〕は〔PDIC形式〕をチェック。ファイル名は、kojien.datとしました。
     〔同一単語の処理〕は〔改行付きで付け加える〕を選択。
     〔詳細〕では〔辞書格納率〕を100%にするとよいそうです。あと、〔一行テキスト形式の区切〕が” /// ”になっているか確認しておきましょう。あと、私の場合は「訳語 / 用例を区別して取り込む」のチェックを外しておいた方が、後で生成した辞書が見やすかったです。
     で、〔OK〕。
  4.  〔辞書の新規作成〕が開いたら、〔辞書の種類〕の〔Hyper辞書形式〕をチェック。〔圧縮対応の辞書にする〕はチェックを外します
     で。〔OK〕。
  5.  まつこと十数分。PDIC形式の広辞苑辞書ファイルの完成です。

私の場合、5.の結果はこんな感じ。

3_2

41万語が無事変換されました。(なぜか447語は欠落したようです)

で後は、SDカードのE:\PALM\PROGRAMS\PDICの下にKOJIENというフォルダを作り、その中にできあがったkojien.datファイルを放り込みます。そしてWDICを起動し、KOJIENを選択。

そうするとインデックスが自動的に作成されて、、、

Trscreens0085

むはははは!!見事広辞苑がTreoで動きました!!!

ちなみに上の画面は一覧画面。一番上の行をタップor 5wayで選択すると、こんな感じで「あ」に関する記述が表示されます。

Trscreens0086

さらにWDICでは、マルチ辞書の同時検索が出来ます。メニュー/オプションで「全ての辞書」を選択しておくと、導入されている辞書全てについてヒットしてくれます。ちなみに下の画面では、1行目が英辞郎、2行目が広辞苑です。


Trscreens0087

はっきり言ってこれは、専用機も顔負けです。非常にサクサク動くし、大満足^^

Palm最高!!

| | コメント (11) | トラックバック (1)

Palmで広辞苑(チャレンジ中)

cooldadさんのこの記事や、MAROONさんのこの記事で、Palm辞スパのことが話題に出ています。私もPalmを使い始めた2001年頃にPalm辞スパを購入しましたが、国語辞典で4万語という少なさに、最近ではインストールしていませんでした。

で、そういえばPalmで広辞苑を使えるようにしたという記事をどこかで読んだことがあるなあ、と思って少しネット上を検索してみたところ、やはりあります。どうやら、電子ブック形式とかEPWING形式とか呼ばれるCD-ROM版の辞書データを、Palmで見ることが出来るようです。

で、次に「電子ブック」とか「CD-ROM 広辞苑」とかでネットを検索してみると、どうやら最近では売られていない様子。ヤフオクではいっぱい出品されているので、落札しようかなあ、と思ってふと、家で同じものを見かけたことに気づきました。

で、家に帰ってみると、ありました、CD-ROM版の広辞苑^^。2000年頃にノートパソコンを買ったときに付いてきたやつです。単語数は1400万語と、やはり圧倒的です。

Pa0_0005

次に、これをPalmで見る方法ですが、こちらこちらを見ると、EBPlayerとかWordSeekerとかいったアプリが必要なようですが、残念ながらどちらも現在では入手不可能な様子。

で、もう少し調べてみるとこちらのサイトを発見。EPWING形式の辞書データをPDIC形式に変換できるようです。PDIC形式と言えば、あのキラーアプリ、WDICが使えます^^

で、さっそくこちらのサイトに記載された方法でチャレンジ。

1.必要なソフトを揃える

1)DDWin。辞書検索ソフトです。これを使ってEPWING形式の辞書をテキスト形式に変換します。ちなみにこちらからダウンロードできます。

2)PDIC for Windows。テキストデータをPDIC形式に変換します。こちらからダウンロードできます。

2.電子ブック(CD-ROM)からテキストデータを吸い出す

手順はこちらのサイト「電子ブックからテキストデータを吸い出す」の部分にかかれている通りですので省略^^;ただ、外字変換テーブルを提供していただいているfinalβさんのサイトはこちらに移転されていました。

3.一行テキスト形式に変換する

上記で抜き出したテキストデータを、さらに一行テキスト形式とやらに変換する必要があるそうです。で、これはとてもじゃないけど人手では不可能とのことで、こちらのサイトではWZエディタのマクロを用いた方法を紹介されていましたが、残念ながらWZエディタは持っていません(泣

手持ちの秀丸エディタのマクロを作ろうかと思ったのですが、秀丸マクロは全く作ったことがないし、こんな時間ですし、今日はここまでorz

ちなみに2.の段階でできたテキストファイルのサイズは29MB。以前のPalmだととんでもないサイズですが、今のマシンだと楽勝ですね。

というわけで中途半端なレビューですが、さて次のステップにいけるのはいつのことやら^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

祝!新サイト開設!

あのPDA界のイチモツ大物、butuyokumaniaさんが、Palmに特化した情報サイトを立ち上げられました!

その名も。。。

クリエとロリエは紙一重 Palm×パム@Palmマニア!

まだ本運用レベルではないとのことで、確かに訪れてみるとタイトルの下部分とか画面の右側部分の、いかにも工事中的な表示が笑えます(失礼

それにしても、こうやってPalm系の新サイトがオープンするのは本当に嬉しいです。

私も掲載してもらえるように、更新がんばろっと^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

EDAさん復活!

お年玉年賀はがき当選チェッカーの作者EDAさんが、新作「KenMap」(県名を覚えるアプリ)をリリースされました!

Trscreens0084

小学生のお子様用に作られたとのことです。早速インストールしてみました。今日帰ったら、うちの次男(3年生)にも使わせてみようと思います。

ブログの方も更新を再開されたようですし、Palmware作家の方が復活されるのは本当に嬉しいですね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

岡山でも

岡山でも
使えるようになったようですね、イーモバ。

posted by モブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お年玉年賀はがき当選チェッカー

今年も、EDAさん謹製のお年玉年賀はがき当選チェッカーが公開されました。

去年はいいのが当たったので、今年は是非1等の「Mac Book & IPod」が当たって欲しいものです^^;。ちなみに当選番号と商品の一覧はこちら

平日はばたばたしているので、チェックは今週末かなあ。

それにしてもEDAさん、いつも便利なアプリありがとうございます^^

(2008.1.29追記)

その後、帰宅してチェックしたところ、4等の切手シートが6枚ほど当たっていました。1等はかないませんでしたが、まあこんなもんでしょうかね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

DateBk6 Tips(2) 記念日が何年目かを知る

つじさんのDateBk6 Tips移植シリーズ第2弾は、「記念日が何年目かを知る」です。

DateBkシリーズで誕生日や結婚記念日とかの記念日を登録する場合、おそらく「繰り返し予定」を設定しますよね?たとえばこんな感じ。「繰り返し設定」のところに"年毎"を指定すれば、毎年その日に表示してくれます。

Trscreens0081

で、このときに、タイトルの所に「誕生日,1995」と言う風に、コンマ+年を入力します。

Trscreens0077

するとあら不思議、リスト画面でこんな感じで、カギ括弧の内側に何年目か、と言うことを表示してくれます。

Trscreens0079

でこのTips、上のスクリーンショットをよく見て頂ければ分かるのですが、

  • 誕生日,1995
  • 誕生日1995
  • 1995誕生日
  • 1995年誕生日

等のような書式でも、ちゃんと認識してくれます。

ちなみにこのカギ括弧付きの年数表示は、グラフィカル週表示や月間表示でも表示されます(正確には、予定を長タップしたときに出てくるポップアップ画面に表示されます)。

Trscreens0083

また、1日表示で、予定の右端に表示されている繰り返しアイコンをタップしても、何回目の繰り返しかを表示してくれます。

Trscreens0082

というわけで、お試しあれ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

DateBk6で次の会議日程を素早く入れる

DateBkシリーズを応援されていたつじさんが運営されていたブログが先日閉鎖しましたが、そこに書かれていた有用な使いこなし情報もいくつか失われてしまいました。

というわけで、私が思い出した範囲で、私のブログの方に同様の記事を時々エントリーしたいと思います。(つじさんにはずいぶん前に許可を頂いていたのですが、アクションが遅くなり申し訳ありません)。

と言うわけで今回は、「DateBk6で次の会議日程を素早く入れる」です。

定例の会議だけど、毎回、次の日程はその会議の最後に決める、というのがありますよね。そういう場合、このテクニックを使うとほんの10秒ぐらいで入力することが出来ます。そのワザとは。。。

1.DateBk6を立ち上げる

2.今日の会議をタップして選択する

3.メニュー/項目/項目のコピーを選択する
  →同じ会議の記述をすべてコピーされた新しい予定ができ、その予定の詳細設定画面が表示される)

Trscreens0075

4.詳細設定画面で、日付と時間を次回の会議日程に設定する

というだけ。非常に簡単かつスピーディに次の予定を入力することが出来ます。

ちなみに、3.のアクションはメニュー+O (オー) でも行うことが出来ますので、キーボードモデルのユーザーならさらにスムーズに操作することが出来ます。

DateBk6ユーザは是非おためしあれ^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

With Palmアイコン

mizuno-amiさんからWith Palmアイコンを頂いておりましたが、本日、With Palmの方でも公開されたようですので(笑)、当サイトにも貼り付けておきます。

本当はこのアイコンをクリックしたらWith Palmのサイトにジャンプしたいのですが、ブログの設定方法が分かりません(汗。後でまた調べてみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

合格!

今日長男の受験の合格発表があり、無事合格しました\(^O^)/

昨日の自己採点は結構悪かったので、まさか受かるとは思ってなかったけど、いやーよかったよかった(^^)

これからいろいろうれしい出費がありそうなので、Centroはしばらくお預けかなあ(^^)

(Posted by Treo650 with u*Blog)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

WithPalm投稿ラッシュ

今日は、長男の受験の付き添いに来ています。付き添いと言っても、試験が終わるまでは何も出来ないのでマクドナルドでノートPC&EM・ONEで仕事&ネット巡回。

あらかた仕事も終わり、久々ネットにどっぷり浸かれる時間が取れたので、Palmware MastersWith Palmに移行する作業をやってました。

しかし、まとめてやると結構大変ですねえ。新規作成や既存の記事の更新など、14本分のアプリをやったところで、そろそろ時間切れです。

息子、受かってると良いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

燃費君

実は、去年の年末に車を買い換えました(Treo755pを手放した理由は、その為にキャッシュが無くなってしまったからです^^;)

で、車を買い換えるとおそらくみんなやるであろう、燃費の管理のために、燃費君をpalmに導入しました。

Trscreens0074

このアプリ、非常に良くできてますね。単に日付やガソリンの量だけでなく、ガソリン価格とかも登録出来るので、単価の変動状況とかも分かります。また、オイル交換の時期とかを入れておくとアラートを出してくれる機能もあるようです。

ただ、With Palmに登録されていた作者のページが何故かリンク切れで繋がらず、ググってみるとVectorでダウンロードをすることが出来ました。と言うわけで、With Palmの登録を修正しておきました。

それにしてもガソリン、高いですねえ。以前乗っていたのがディーゼル車だったので、正直こたえます。出来るだけ自転車に乗るようにしよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

あれ?

mizuno-amiさんのところ経由で、NSBasicプログラミングコンテストの結果発表があったことを知りました。

早速訪ねてみると、、、、、

あれ?

Racing双六がエントリーリストに入っていません。

うーん、日本サポートにメールを送ってもなしのつぶてだったので嫌な予感はしていたのですが、やはりエントリーできていなかったようです^^;。スパムフィルタに引っかかったのかなあ。

まあ、来年もエントリーできるぞ、と言うことで(x_x)\☆バキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文字探しver0.1

文字探しver0.1をリリースします。

変更点は、ラージフォントの追加です。

Trscreens0073

以前のエントリーで、いなあもさんに教えて頂いた方法で実装しました。

今回のバージョンは、動作環境としてNSBasicのランタイムの他に、NSBシステムライブラリもインストールしておく必要があります。どちらも圧縮ファイルに同梱していますので、HotSync等でインストールしてください。

ちなみにフォントサイズの変更は、トップ画面からメニュー>設定を呼び出してください。

ラージフォントにしたからといって、簡単になるわけではないようです。スクリーンショットを見て頂ければ分かりますが、かなりぎちぎちに詰まってしまいますので、かえって難しいかも^^;

というわけで、よろしければ右側のダウンロードコーナーからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月15日 (火)

Tradewinds2

私は、palmでゲームをするのが好きです。

運動神経がないので、アクション系はどうも苦手。あと、パズル系もどうも苦手です。

好きなジャンルは、シミュレーション系(海外ではストラテジー系と呼ばれているようですが)。Medieval Heroes II とか大戦略とかに代表されるウォーゲームとかがそれに当たりますが、それ以外にも、SimcityとかCake maniaとかStar Truckとか、「打つ手によって結果が変わる」系のゲームが該当すると思っています。

で、何でこんな話題かというと、Japonica。怒濤のバージョンアップではやくもver1.30。今回のバージョンでは文書の複製において、圧縮Doc形式を作成可能となったとのこと。私もすっかり定番アプリになりました。

ところで、このアプリはPay-Palmウェアです。「1000円分を、他のアプリとかPalm関係に投資してね」というアプリです。で、この間からずっと色々なアプリを物色していたのですが、「やっぱりストラテジーゲームだよなあ」ということで、Tradewinds2というアプリをダウンロードしてみました。大阪PalmIIIさんによると、なかなか面白そうです。

まだとりあえず試用してみてからになりますが、面白そうなら購入してみようと思います。

でも、最近忙しいから、遊ぶ暇があるかなあ。。。(独り言)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

驚愕のハイスコア!

昨日、Ruben5さんから、コメント&トラックバックを頂きました。

なんでも、文字探しでハイスコアを記録されたとのこと。早速ブログを訪ねてみると。。。

エー━━━━!!!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

簡単モードで0秒!!

しかもむずいモードで19秒って。。。。

ちなみに我が家のハイスコアは、ふつうで45秒、むずいで112秒です。比較になりませんね^^;

参りましたm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

久々ProgectとPDesk

最近、仕事の内容や自分の立場が徐々に変わってきて、Taskを活用することが増えてきました。というか、TaskだらけでDateBk6のToday画面があふれかえってしまい、これではかえって管理が出来ない状態に^^;

と言うわけで、久々ProgectをTreoにインストールしてみました。

このアプリ、以前にも紹介しましたが、タスクを階層的に管理できるアプリ。最近の私の仕事にはちょうど良さそうです。ただ、インストールしてみるとちょっと問題が。正式版の最終バージョン0.29だと、Treo650の場合、立ち上がるだけで10秒以上かかってしまうのです。ちょっとこれでは使えません。

で、試しに作者のサイトからベータバージョンの0.30b6をダウンロードし、インストールしてみると、これがGood!見事に「さっと」起動するようになりました^^。ちなみに、タスクにアイコンをつける機能もあり、私の場合DateBk6をインストールしているのですが、そのアイコンをProgectでも使うことが出来ます。

Trscreens0072

で、欲を出して今度はPDeskもインストール。これはWindows版のアプリで、PalmのProgectと連携してくれる優れもののアプリ。ただ、これも正式版の0.8.5をインストールしてみると、何となく動作が不安定。タスク名に半角カッコを入力しようとするとうまく入らないときがあります。で、0.8.5より日付の古いテクノロジープレビュー版のRC2というバージョンをインストールしてみると、こちらだと先ほどのような不具合は発生しません。

1_2

ただ、二つほど注意点が。ひとつは初期状態だとフォントがArialとなっていて日本語が文字化けしてしまうこと。メニューのOption - Font で、日本語フォントに更新しておく必要があります。

もう一つが、新しいプロジェクトを追加する場合の手順。なぜか、PDesk側で新しいプロジェクトを作成しても、HotSync後にPalm側のProgectにうまく反映されません。逆に、PalmのProgect側で新しいプロジェクトを作成してからHotSyncすれば、ちゃんとPDesk側にそのプロジェクトが反映されます。一度こうやってきちんと同期が取れさえすれば、あとはPDesk側でそのプロジェクトの中に新しいタスクを追加したりしても、ちゃんとPalmのProgectとの同期はうまく行きます。ちょっと注意が必要ですね。

というわけで、With Palmの方にもこの情報を反映しておくとします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

Novaだそうです

ポケゲーさんのところによると、Palmの次期OSのコードネームはNovaだそうです。

いっぱい聞~け~て~、いっぱいしゃべれ~る~の某英会話学校みたいに、ふくらむだけふくらんでつぶれてしまわないように、切に希望(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

文字当てこぼれ話その3

文字当て、難易度を3段階に設定しています。

この難易度は、一応私がざっとやってみて、

  • 5秒以内ぐらいで分かるもの:「かんたん」
  • 1分以内ぐらいで分かるもの:「ふつう」
  • それ以上かかるもの:「むずい」

ぐらいの感じで振り分けています。ただ、このテストは主に私のメイン機であるTreo+Japonの組み合わせですので、フォントによってずいぶん難しさが変わります。

ちなみに「かんたん」コースの「り」で見ると、こんな感じです。

Treo+Japon

Treo

T3+J-OS

T3

POSE (OS3.5日本語版ローレゾ)

Pose

これで見ると、最後のPOSEだといっぺんで分かりますが、T3+J-OSだとなかなか分かりません。

ちなみに、むずいコースの「鳥」「烏」は、ローレゾデバイスでは全く同じ文字だったりします(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

気になる存在

最近、私の乗っているJR西日本の車内に、こいつの広告が貼られています。

Ivirt_black_02_s

これって、これに似てますよねえ。

Wristpda_fx2008

なんか似てると言うだけでちょっと欲しかったり(笑

機能的にも、Bluetooth経由で携帯のメールが読めたり、速報ニュースをみることが出来たり、携帯の着信を保留・切断できたりとなかなか面白そう。

でも、SoftBankの携帯持ってないし^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文字当てこぼれ話その2

昨日のエントリー、さっそくいなあもさんからコメントを頂きました。なんでも、NSBSystemLibで提供されているAPIを使用するとフォント変更が出来るそうです。また時間を見つけて試してみたいと思います。

あと、うぼのさんのところでもこのアプリを話題として取り上げていただいていただきました。ありがとうございますm(_ _)m。電車の中で遊ばれているようですが、車酔いしませんように^^;

というわけでこぼれ話その2は、タイムについて。

今回のゲームでは、5問正解の合計タイムでハイスコアを競うようにしています。で、このタイムのカウント方法ですが。

普通ならゲーム開始時刻を記憶しておいて、「5問終了時のゲーム終了時刻-ゲーム開始時刻」を合計タイムとする、という処理を書くべき所だと思いますが、今回のアプリでは、1秒ごとにタイマーイベントを発生させ、このイベント毎にタイムをカウントアップする、と言う方法を取っています。

この方法だと、実は正解タイムは、5問正解の合計タイムではありません。数式で書くと、

本来 : 合計タイム=5問終了時のゲーム終了時刻-ゲーム開始時刻

今回 : int(1問目の合計タイム(秒))+int(2問目の合計タイム(秒))+…+int(5問目の合計タイム(秒))

となります。つまり、例えば各問題を0.9秒で正解した場合、本当の合計タイムはint(0.9*5)=4となるべき所、今回のゲームでは∑int(0.9)=0となる、ということです。

と言うわけで、「かんたん」モードの我が家のハイスコアは、長男の出した2秒です。皆さんも是非チャレンジを^^;

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年1月 7日 (月)

文字当てこぼれ話その1

年末年始企画アプリとして公開した文字当てver0.0、作者の手抜きレベルと比例するように、あまり巷での反応がありません(笑

そういった中でも、nebbishさんとNAS芹沢さんには話題として取り上げて頂いて、本当に恐縮です。

というわけで、アプリ公開後の恒例の、こぼれ話を。といっても、陰郎さんのJaponicaほど目から鱗のこぼれ話があるわけではありませんが。

このアプリのネタは、よくある「1文字だけ違う文字を探し出す」というやつ。年末年始企画ということで、ちなんだアプリを作れないかなあと、ぼーっと考えていたところ、カルタ取りのイメージからこのアプリを作ろうと思いつきました。

ルールは簡単ですし、動作も画面タップのみを意識すればいいので非常に単純。ですので、基本的な動作部分はほんの30分ほどで出来てしまうほど

ただ、最初は文字の表示をlabelオブジェクトを利用して書いていたのですが、どうも動作が重いのでDrawCharsコマンドを用いた方法に変更。おかげでずいぶん早くなったのですが一つだけ不満も。

このアプリ、Treoとかで遊んでいるとどうしても字が小さくて、「むずい」モードだと本当にイライラします。で、文字を大きくした初心者モードとかも作りたかったのですが、DrawCharsコマンドではフォントの指定が出来ないので、断念せざるを得ませんでした。

その代わり、一回ミスをするとヒントモードとして、エリアを1/4に絞って表示するモードを追加してみましたが、いかがでしたでしょうか?

と言うわけで、タイトルでは「その1」となっていますが、何回続くか分かりません^^;とりあえず今回はこの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

モバイルに関する今年の目標は、やはり「アプリを1本リリースする」ことでしょうか。

あと、新しいデバイスをゲットできればいいのですが、これは経済事情でどうなることやら。

なにはともあれ、今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »