« あけましておめでとうございます | トップページ | 文字当てこぼれ話その2 »

2008年1月 7日 (月)

文字当てこぼれ話その1

年末年始企画アプリとして公開した文字当てver0.0、作者の手抜きレベルと比例するように、あまり巷での反応がありません(笑

そういった中でも、nebbishさんとNAS芹沢さんには話題として取り上げて頂いて、本当に恐縮です。

というわけで、アプリ公開後の恒例の、こぼれ話を。といっても、陰郎さんのJaponicaほど目から鱗のこぼれ話があるわけではありませんが。

このアプリのネタは、よくある「1文字だけ違う文字を探し出す」というやつ。年末年始企画ということで、ちなんだアプリを作れないかなあと、ぼーっと考えていたところ、カルタ取りのイメージからこのアプリを作ろうと思いつきました。

ルールは簡単ですし、動作も画面タップのみを意識すればいいので非常に単純。ですので、基本的な動作部分はほんの30分ほどで出来てしまうほど

ただ、最初は文字の表示をlabelオブジェクトを利用して書いていたのですが、どうも動作が重いのでDrawCharsコマンドを用いた方法に変更。おかげでずいぶん早くなったのですが一つだけ不満も。

このアプリ、Treoとかで遊んでいるとどうしても字が小さくて、「むずい」モードだと本当にイライラします。で、文字を大きくした初心者モードとかも作りたかったのですが、DrawCharsコマンドではフォントの指定が出来ないので、断念せざるを得ませんでした。

その代わり、一回ミスをするとヒントモードとして、エリアを1/4に絞って表示するモードを追加してみましたが、いかがでしたでしょうか?

と言うわけで、タイトルでは「その1」となっていますが、何回続くか分かりません^^;とりあえず今回はこの辺で。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 文字当てこぼれ話その2 »

コメント

共有ライブラリのNSBSystemLibで提供されているAPIを使用するとDrawCharsで表示するフォントを指定できたように思います。
確か、拙作CH CODEがその方法でフォントを切替えていたかと。
確かFontSetFontだったかな?

http://www.nsbasic.com/palm/Japanese/technotes/TN14.htm

投稿: いなあも | 2008年1月 7日 (月) 09時30分

>いなあもさん
コメントありがとうございます。なるほど、APIを使えばフォント変更できるのですね。(._.)/~メモメモ
ちょっと時間を見つけて、また試してみます。どうもありがとうございます^^

投稿: MA-CY | 2008年1月 8日 (火) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140067/17606258

この記事へのトラックバック一覧です: 文字当てこぼれ話その1:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 文字当てこぼれ話その2 »