« MemoViewer、グローバル検索対応! | トップページ | MemoViewer、またまたバージョンアップ! »

2008年3月18日 (火)

ダイヤ改正対応

3月15日に、JRのダイヤが改正されました。と言うわけで例によって、TrainConv5で時刻表データを抽出し、TTModで不要データを削除し、DATrainTime用のデータを作成しました。

今回はさらに、以前ryo-nさんがご紹介されていた乗り換え設定にチャレンジ。と、ここで一つ知らないことがあったのでご紹介を。

設定方法の詳細はryo-nさんのページを見て頂くとして、DATrainTimeで乗り換えの設定をするには、時刻表のデータ内に

$到着駅名:a17 b10 >NORIKAE.TBL +5

といった表記をしておきます。で、ここで「NORIKAETBL」(これはサンプルなので、実際には好きな文字列でOK)というのが、乗り換え後の時刻表データを示すわけですが、この文字列がメモ帳のタイトル(要は1行目)のどこかにあればちゃんと動作してくれます。(皆さんはご存じでしたか?私は知りませんでした^^;)

詳しくはこちらの解説をご覧下さい。

で、この設定をして気づいたのがもう一つ。

乗り換えの設定をすると、DATrainTimeで時刻表を選択すると、こんな感じの画面が表示されます。

Trscreens0113

モザイクの部分は、先ほど設定した到着駅名が書かれています。乗り換え設定がされていると、この画面で到着駅名の所をタップすることで、次の指定された時刻表にジャンプするわけですが、よく見ると下に「アラーム」というボタンがありますよね?

ちなみにこれをタップしてみると、、、

Trscreens0114

こんな感じで、到着時刻の少し前にアラームを鳴らす、という芸当が出来ます!いやー、これは便利ですね^^。早速明日から使ってみることにします。

それにしても、まだまだいろんな発見がありますねえ^^

|

« MemoViewer、グローバル検索対応! | トップページ | MemoViewer、またまたバージョンアップ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140067/40551411

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤ改正対応:

« MemoViewer、グローバル検索対応! | トップページ | MemoViewer、またまたバージョンアップ! »