« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

書いて覚える単語帳ver0.1

MA-CYの作品置場をご紹介頂いて嬉しい今日この頃です^^

Screenshott0049 ところで、書いて覚える単語帳、少し手直ししました。

このアプリ、私が使うと共に、Z22にインストールして長男の英語の勉強にも使わせているのですが、Z22だと英単語の字がちょっと小さすぎて見にくいとのこと。

というわけで、英単語の部分のフォントを大きくしたver0.1をリリースしました。

ダウンロードは、右側のMA-CYの作品置場からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

作品置場ページを作りました

おかげさまで公開アプリも少しずつ増えてきましたので、作品をまとめて置いておくページを作りました。

MA-CYの作品置場

このブログの右側にもリンクを置いておきます。

「ダウンロード」というリンク集はなくしました。今後は、このMA-CYの作品置場からダウンロードをお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

書いて覚える単語帳

久々T3を引っ張り出してきて、Graffiti2で手書き入力していると、「やっぱり手書き入力っていいなあ」と感じる場面がけっこうあります。

やはり手を動かして字を書くと、何となく頭の中に刺激が伝わってくる感じがします。「覚えるときは書いて覚えろ」という言葉が思い出されます。

Screenshott0047 というわけで、しばらくこもっていましたが、こんなアプリを作っていました。

書いて覚える単語帳です。

こんなPalmwareってありそうだなあと思って探していたのですが、微妙に私が感じていた物と違っていたので作ってみました。

あくまで英単語を書いて覚える、ということに絞ってます。英単語を見て日本語訳を覚えることが出来ませんのであしからず^^;

ちなみに、このアプリのヒントはPocket Tutorという英語勉強アプリから来ています。操作感も何となく似ていると思います。

というわけで、よろしければ右のダウンロードコーナーからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

熱烈期待中^^

shino-jiさんのところで、あのPalmPowerupsさんのところで開発中のPalm用SDHCドライバー、PowerSDHCがリリースされたとの情報が上がっています。

ちなみにCentroは4GBまでのSDHCカードに対応していて、動画とかを見るのに重宝しているのですが、T3の方は対応していません。このPowerSDHC、T3への対応はまだ先との事ですが、是非リリースして欲しいと思います。

ちなみに、PowerSDHCの説明のページを見てみると、どうやらこんな事が書かれている様子(Yahoo翻訳を使っているので、勘違いあるかも^^;)

  • このドライバーは、SDHCカードを持っていない人でも、アクセス速度の向上や、バッテリーレベルが低いときにでもカードアクセスを可能とする、といった御利益があります。
  • 4GB以上のSDHCカードを使おうとする場合、FAT32ドライバーが必要です。このドライバーは今のところLifeDriveとTXのみが出荷時から入っています。それ以外のデバイスでは、Palm社製のFAT32ドライバーをインストールする必要があります。
  • しかし、このPalm社製FAT32ドライバーを、LifeDriveとTX以外にインストールした場合、非常に遅く、マウントにも時間がかかります。32GBのカードの認識に30秒程度かかります。
  • また、PalmOSのバグで、4GB以上のカードサイズを表示できないという問題もありますが、これは表示上の問題だけで、実際には4GB以上のエリアも使うことが出来ます。これに対して、PalmPowerupsでは、実験的に解決するアプリを提供しています。

なるほど、Centroで4GBまでしか使えないのはそう言う意味だったんですね。

まあ、4GBでも十分使い出があるので、T3用のドライバー発売を待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

メモ帳のビーム(その後)

昨日、Getdebluを導入してメモ帳のビームをちゃんとメモ帳で受け取れるように設定した私のCentroですが、ふと思ってこのGetdebluを削除してみたところ、相変わらずちゃんとメモ帳で受け取れています

どうやらこのGetdeblu、Palm内の関連づけを根本から変更してくれていたようです。一度変更すれば、Getdebluは不要のようですね(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

メモ帳のビーム

いつの間にか、メモ帳のビームがうまく行かなくなってしまいました。メモ帳データをビームすると、Document To Goが受け取るようになってしまったのです。Centroに入っているDocument To Goは日本語が扱えないし、困った物です。以前はそんなことがなかったのですが、一度遊びでDocument To Goを立ち上げたら、それからメモ帳データがDocument To Goと紐付けされてしまったようです。

うーん、困ったなあとググって見ると、Getdebluなるアプリを使えば、メモ帳のデータをメモ帳で受け取ることが出来るようになるとのこと。

詳しくはWith Palmと、その先のにっくさんのページを見て欲しいのですが、私のCentroにも導入し、にっくさんと同じように設定。

すると、無事メモ帳で受け取ることが出来るようになりました^^

ただ、Getdebluの説明では、Bluetoothもビームも対象との事でしたが、私の環境だと、ビームはちゃんとGetdebluがメモ帳と関連づけて受信してくれるのですが、Bluetoothだとうまく行かず、相変わらずDocument To Goが受信してしまいましたorz。

それにしても、一度Document To Goを起動してしまったら、その後アプリと拡張子との関連づけを変更できないというのは困った物です。何か他に方法があるのでしょうか?もし皆さんご存じでしたら教えてくださいませm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

デジタイザのずれ

Centroのデジタイザがちょっとずれてきました。今のところ、デジタイザ設定画面でちょっとずらしてタップすればうまく調整できているので問題ありませんが、そのうちPowerDigiのお世話になる必要が出てくるかもしれません。

Treoも、デジタイザのずれが大きくなってPowerDigiを使っていました。T3も、デジタイザのずれで無償交換に出したことがあります。

まあ、タッチデバイスの宿命かなあ、と思っていたのですが、ふと、以前使っていたVisorやClie N750とかでは、この手の問題が発生しなかったことに気づきました。

何か変わったのでしょうかね?タッチパネルはPalmの生命線なのでできればもうすこし頑丈に作ってもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

悩みつつも再構築

手書きアプリの紹介が大阪PalmIIIさんのお役に立てたようで、喜んでいます^^

Screenshott0048 ところで私の方は、ハンドヘルド型のT3を現役復帰させようかなあと悩みつつ、とりあえずT3の再構築作業をちょっとずつやっています。

以前使っていた環境はRscBackupで保存されているので、それでリストアすれば元に戻るのですが、せっかくなので一から再構築してみようかと。

まあ、作業自体特筆するようなことは何もないのですが、私の場合、アプリ代を倹約するためにいつも同じHotSync名を使っているので(常時使うのは常に1台だけなので、ご勘弁を^^;)、HotSync名の切り替え用にUserNameなるアプリを導入。(この手のアプリとしてはChangeNameが有名なのですが、私の環境ではリセットがかかったりしてうまく動きませんでした)

アドレス帳の置き換えとしてAgendusを利用。以前Treoでレジストしていたのですが、ハードウェアの変更をしたので、改めてiambic社に変更の申し込みをして、新しいレジストキーをもらう必要がありました。手続きは意外と簡単。以前、myiambicを登録していたのでそこに入ると、Request New Codeというリンクがあります。ここをたどると、自分のレジスト済みのアプリ一覧が出てきますので、新しいコードが欲しいアプリを選択して、Device IDの所に新しいデバイスのID(これは、Agendusを立ち上げて、メニューから「アジェンダスについて」を見ると表示されます)を入力すればOK。自分のメールアドレスに新しいレジストキーが送られてきました。

あと、DIAはスキンをZenBluに入れ替え。併せてF3T3AgendaBG.prcも導入して、スキンの切替も出来るようにしました。

とりあえず今のところはこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

やっぱハンドヘルドタイプもいいなあ

080911_08290001_2 この間の手書きアプリ評価の際に久々にT3に火を入れましたが、やっぱりハンドヘルドタイプも良いですねえ^^

当たり前のことですが、まず画面が広い。T3はワイドハイレゾなので解像度が高いこともありますが、画面自身の大きさも全く違うので、目に優しいです。

あと、Graffiri2での入力も、近頃自宅でZ22でずっと使っていることもあって以前に比べてだいぶストレスを感じなくなっている気もします。

OS5.2特有のレスポンスの早さ、リセット後の再起動の早さ、HotSyncの早さとも、「やっぱりPalmって早いよなあ」ということを改めて感じさせてくれます。

しばらく使ってみようかなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

Palmの手書き(おまけ)

昨日のエントリーで、ちょっと分かりづらい表現があったので補足を。

なめらかに書けたのは、CentroとT3との比較だと、T3の方が圧倒的になめらかに書けた、と言うことです。ちなみに、T3に標準添付のNotePadで比較してみても、こんな感じになります。

こちらはT3

T3_notepad

こちらはCentro (T3からNotePadをビームしてテスト^^;)

Centro_notepad

明らかにCentroの方がカクカクしますね。

あと、昨日のエントリーでは、このカクカクするかどうかの違いはOS5.2と5.4の違いでは?と書きましたが、どうやら違うようです。というのは、OS5.4のZ22で試してみると、、、

これはZ22

Z22_notepad

なめらかですね^^

ということは、ペンインターフェースが中心のT3やZ22のようなハンドヘルドタイプと、キーボードインターフェースが中心のTreoやCentroのようなスマートフォンタイプとでは、タッチパネル周りのチューニングを変えていると言うことでしょうね。

うーん、やっぱり良いなあ、ハンドヘルドタイプ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

Palmの手書き(続々々編)

shino-jiさんにレビューをほめてもらって、舞い上がってます^^(ほめられるほどのレビューでは^^;単にスクリーンショットを貼り付けているだけです。。。)

で、ご紹介頂いたPennovate Notes Liteというアプリもちょっと試してみました。

Csshot0127

うん、このアプリ、すごく面白いですね!下に書いた文字が、どんどん縮小されて上のエリアに表示されていきます。さらに、5wayとの親和性も抜群上下左右のスクロールが5wayで出来るのはもちろんのこと、一番上にある状態でさらに5wayの上を押すと、ドローイングエリアと縮小表示エリアとの比率を変えることができます。

ただ、この手の縮小表示が可能なアプリに共通の悩みですが、ベクトル形式でデータを持っているようで、やはり素早く書くとカクカクした感じがどうしても出てしまいます。ペンへの追従性では、やはりBugMe! NotePadの方が良いかなあ、という感じです。

で、久々に手元のT3を出してきて、BugMe! NotePadでちょっと書いてみたのですが、、、

Screenshott0044

なんと!全くカクカクしないではありませんか!

ちなみにCentroで書くとこんな感じ。

Csshot0130

うーん、全く違いますね^^;。ちなみに、T3のクロックを300MHzに落としてみても、相変わらずスムーズに書けます。一方Centroの方では、他のアプリ(DiddleBug、NinerPad、そしてこっそりT3からビームしたNotePad^^;)のいずれで書いても、同じようなカクカクした感じになります。

もしかしたら、OS5.4では、ペンイベントの取り方が変わってしまったのかもしれませんね。と言うわけで、Centroの場合は、手書きアプリの種類で悩むのではなく、手書きの仕方のコツをマスターする方が良さそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

PalmユーザにとってのiPhone

PalmユーザにとってのiPhoneというタイトルで、kenkyoroさんがずっとエントリーを上げられています。

他にもPalmユーザでiPhoneを入手された方々は多数いらっしゃるようですが、kenkyoroさんのこのエントリーは、「iPhoneを、Palmの代替として見た場合にどうなのか」という視点で書かれていて、個人的には非常に読み応えがあります。

ちょっと白状しますと、私もこの間のPalm日本語サポート終了事件をきっかけに、iPhoneに乗り換えようかなあと色々調べていました(財政難なので、現物は入手していませんが^^;)

で、そこで感じた色々なことが、kenkyoroさんのところできちんとまとめられていて、「あ、やっぱりPalmの代替機としてiPhoneを見ると、そう言うことなんだろうなあ」と思うと同時に、こんな考えが頭の中に浮かんできました。「iPhoneはいいデバイスだが、あくまでiPhoneであって、Palmの代替品として考えるべきではない。Palmが元気がないと私自身感じていたが、よく考えれば、1社で、独自OS・独自ハードを出しているのはPalmもAppleも同じではないか。であれば、iPhoneに将来性を感じ、Palmに不安を感じるのは正しくない。Palmが存在している限り、私自身は安心してPalmを使い続ければいいのだ。」

と言うわけで、最近は安心してPalm信者になりきっております(^_^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

Palmの手書き(続々編)

昨日のエントリーに対して、色々アプリをご紹介頂きました。早速試してみました。

まず、hiraseさんご紹介のMoePaint

Moepaint

Clie用とありましたが、私のCentroでもちゃんと動きました。ドローアプリというより、お絵描きアプリです。私のような使い方にはもったいないです。ちなみに、このアプリを紹介されている方のページに、このアプリで書いた素晴らしい絵が紹介されています。こんなすごい絵が描けるんですねえ、、、うらやましいです。

続いて、Mooiさんご紹介のArtelope

Artelope

書き味はまずまずという所です。このアプリの面白いのは、拡大縮小が自由自在なところと、キャンバスが非常に広いところ。拡大縮小と言えばPenPenColもそうなのですが、このArtelopeの方がなめらかに書けます。慣れればなかなか直感的に使えそうです。ただ、広いキャンバスの移動が5wayで出来ないのがちょっと残念かも。

続いて、じむさんご紹介のBugMe! NotePad

Bugme

今までの中で、一番なめらかに書ける気がします。画面デザインも非常にきれいです。画面をキャプチャしてそれに書き込んだりも出来るようです。さすがシェアウェアだけのことはあります。

と言うわけで皆様、素晴らしいアプリをご紹介して頂き、ありがとうございますm(_ _)m

で、私がどのアプリを選んだかというと、、、

色々ありすぎて悩んでます(x_x)\☆バキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

Palmの手書き(続編)

あれから気になって、色々試しています、Palmの手書き。

PenPenCol

やっぱりカクカクします。ベクトル形式でデータを持っているので仕方ないですね。その分、拡大縮小が出来たり、サムネール形式のように表示できたりするので、そのあたりは魅力的です。

Penpencol

PixMarker

きれいに書けますが、反応がにぶいです。ドローアプリと言うよりお絵描きアプリです。ちょっとしたメモ用ではないですね。

Pixmarker

DiddleBug

まあまあスムーズに書けます。反応も良いです。アラーム機能も付いているし、ちょっとしたメモに使うには一番良いかもしれません。

Diddlebug

NinerPad

GTD用のアプリらしいですが、メモ機能だけでも使えます。インクモードにすると、ペンスピードに従って太さが変わるのがなかなか面白いです。ただ、その分やや反応が鈍い気も。

Ninerpad

The Pad

下のスクリーンショットでは「TapPad」と書いてしまっていますが^^;。これもまあまあ書きやすいですかね。DiddleBugと同程度でしょうか。でも$14はチト高いかも。

Thepad

というわけで、まだまだ悩みは続きそうです^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

PalmGear.com復活!

既に各所で話題になっていますが、Palmアプリダウンロードサイトの雄、PalmGear.comが復活しました\(^O^)/

昨年の12月頃、PocketGear.comに吸収され、同時にフリーウェアも同サイトから姿を消してしまっていたのですが、今回の復活では、元のデザインに戻ったと共に、フリーウェアも復活しています!

ちなみに先日ご紹介したWatchmaker、実は大阪PalmIIIさんの所でもご紹介されていて、ここからのリンクがPalmGear.comになっていたのですが、このリンクも見事機能しました^^。どうやら、リンク関係も元通りになっているようです。

やっぱり、Palmアプリはシェアもフリーも一緒くたにしてなんぼ、ですからねぇ。そこにPalmGearさんも気づいて元に戻した、と言うところなのかもしれません。

何はともあれ嬉しいニュースですね^^


あ、ちなみにこの復刻版PalmGear.com、まだβ版とのことで、サイト左上の、アプリ検索の機能を使うとエラーになったりします。あと、shino-jiさんによると、9月14日まで『NEWOWNERS』のディスカウントコードで20%オフだそうです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

ツールで釣る

3年ほど前から、子供と釣りに行っています。実は私は釣りというものをしたことがないのですが、子供が「釣りに行きたい」というので、年に2回程度、海に行っています。

ちなみに私も子供も釣りは初心者ということで、方法はもっぱらサビキ釣り^^;

で、昨日も朝起きてみると晴れていたので急遽釣りに行くことに。

海釣りというと、気になるのは潮の干満。こういう時のために、Tide ToolというPalmwareが活躍します。

Csshot0114 このアプリ、英語版なのですが、日本の各地も結構色々網羅しています。今回は白子港という所に行ったのですが、その近くの松坂を指定して潮の干満を確認。朝7時に出れば8時過ぎには付くので、ちょうど潮も動いているようだし、出かけることにしました。

行ってみると釣り人は3、4人ほど。お、これは穴場かも!と思って早速糸を垂れてみましたが、、、

結果はボウズ^^;

周りの人たちもあまり釣れていなかったようなので、ちょっと昨日はコンディションがもう一つだったようです。<あくまで腕のせいにはしない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »